鉄骨建て方 開始

  • 2016.04.24 Sunday
  • 15:05
ご無沙汰しております。浅見です。

基礎工事が完了して、いよいよ鉄骨の建て方作業です。

その準備として、柱の根元のベースモルタルも工事完了しています。



この丸いモルタルには、大事な役目があります。
その1
全ての柱の根元に設置されいて、高さを均一にしてあります。そうすることで、建物を水平に保ちます。
その2
建物を垂直に建てる為には、まず柱を垂直にする必要があります。その為に柱を立てた後で調整できるように円形をしています。

現場に鉄骨が搬入されてきました。



今回は、一番長い梁で25メートルあり、
運搬が困難な為に梁のほぼ真ん中でつなぎ合わせます。



ボルトで固定して錆止めの塗装を塗ったところです。



いよいよ1本目の柱がクレーンで吊られていきました。



建て方の工事が始まります。
安全第一で作業にあたります。

この続きは次回で報告します。

基礎工事が完了しました

  • 2016.04.16 Saturday
  • 17:54
ご無沙汰しております。浅見です。

鉄骨造の基礎工事が完了しました。
基礎のコンクリートを流し込んで、型枠を解体した様子です。





一番下に映っている正方形のコンクリートをベースと呼びます。
ベースの上にある四角い柱を柱脚と呼びます。この上に鉄骨の柱が取り付けられます。
柱脚と柱脚を結ぶコンクリートを地中梁と呼びます。
これらで、建物の全体の荷重を支えます。

次の工程は、埋め戻しといって基礎工事をする為に掘った穴を埋めます。
埋め戻しが完了した状況です。



砕石も敷かれて、いよいよ来週からは鉄骨の建て方作業です。

安全第一で頑張ります。






鉄骨の建物の基礎工事 2

  • 2016.03.27 Sunday
  • 16:37
御無沙汰したおります。浅見です。

鉄骨の建物の基礎工事の状況です。
床面積が約300坪の鉄骨平屋建ての建物の基礎なので、柱を支えるアンカーボルトも太いものになります。

アンカーボルトは、基礎の鉄筋を組み立てる前に設置します。





次に鉄筋を組み立てます。



ベース、柱、梁 をしっかり配筋します。

そして、コンクリートを流し込む為の型枠の組立です。



3/31(木)のコンクリート打設に向けて、順調に進んでおります。

鉄骨の建物の基礎工事

  • 2016.03.21 Monday
  • 14:36
御無沙汰したおります。浅見です。

気温も上がり、春が近づいてますね。
今年は、シーズン中にあまりゲレンデに行けなかったので、春スキーをGWまで思う存分楽しみたいと思い、計画し始めました。今から楽しみです。

ところで、現在工事中のプレカット工場の増築工事ですが、解体工事も無事に終わり順調に進んでいます。

先週で基礎の掘削工事が終わり、墨出しをしました。一部の壁が斜めになっているので、手こずりましたが精度の良い墨を出せました。鉄骨の建物の基礎で一番大切なのは、鉄骨の柱を支えるアンカーボルトの精度です。この精度が悪いと柱が曲がってしまう事もあるので、より慎重になります。





明日からは、
アンカーボルトの据え付け、
基礎の鉄筋組立、
型枠の組立
と工程が進んだ後に、いよいよコンクリートの流し込みになります。

それまで天気が安定してくれることを祈っています。

解体工事中です(2)

  • 2016.02.28 Sunday
  • 18:11
御無沙汰しております。浅見です。

材木プレカット工場の解体工事が順調に進んでいます。

床のコンクリートを解体している様子です。



コンクリートを破砕する機械が現場に持ち込まれました。



コンクリートを軽々破砕してしまいます。



まるで、大きなクワガタ虫のようです。

いよいよ、来週に建物の位置を出して、
地鎮祭の後 基礎着工のなります。

無事に完成することを祈っております。

解体工事中です

  • 2016.02.21 Sunday
  • 14:32
御無沙汰しております。浅見です。

2/9から 材木のプレカット工場の解体工事が始まりました。予定では2月中に完了する予定です。

解体前の状況です。



解体から1週間が経過したところです。



レッカーと高所作業車を使用して
長さ12メートルある梁を切り離しています。

さらに1週間が経過しました。



建物の形は無くなり、
来週からは基礎と土間のコンクリートを剥がします。
解体工事は順調に進んでいます。

解体工事後は、新たな工場の新築工事に移っていきます。

無事に完成することを祈っています。



デッキ材 の行き先

  • 2016.02.13 Saturday
  • 18:53
御無沙汰しておりました浅見です。

前回のブログで現場で残ったデッキ材を欲しい方に差し上げるお話をしましたが、早速受け入れ先が決まりました。
これから新築工事が着工になるお客様のK様に引き取って頂けることになりました。
K様 ありがとうございました。
どんな風に利用されるか楽しみにしています。

ところで、現場の状況ですが来週アスファルト舗装をしていよいよ完成になります。



無事に電気も入り照明が点灯しました。



写真ではわかりずらいですが、デッキ材の隙間から明かりが漏れて、いい感じになりました。

2/27、28 に完成見学会が予定されていますので、ガレージ付住宅に興味のある方も是非お越しください。

お待ちしております。



木と鉄の融合 2

  • 2016.02.07 Sunday
  • 16:08
御無沙汰しておりました 浅見 です。

またまた本庄のガレージ付の賃貸住宅の話です。

前回のブログで建物の外壁面に鉄骨製のバルコニー下地を取り付けている話をしましたが、そのバルコニーが完成しましたので報告します。

鉄骨下地の状況です。
銀色になっているのは、よく鉄塔などでも目にする溶融亜鉛メッキという施工方法で、鉄骨を錆や腐食から守ることが出来ます。



この鉄骨に板が張られました。





板を鉄骨の内側と外側に張って目隠しにしてあります。これは昼間の様子ですが、この隙間から照明の明かりが漏れると夜も綺麗だと思います。

ところで、
ここに張った材料はウッドデッキの材料なのですが、切れ端しが大量に余っています。70センチ位ありますので、縁側などの材料に最適です。
もし欲しい方がいらっしゃいましたら、浅見まで連絡ください。
早いもの勝ちとなりますので、ご了承ください。



木と鉄の融合

  • 2016.01.26 Tuesday
  • 10:05
御無沙汰しておりました浅見です。

またまた本庄のガレージ付の賃貸住宅の話です。

この工事での最大の課題であったバルコニーの下地工事が、予想をはるかに超える出来栄えで終わりました。

建物の外壁面に鉄骨製のバルコニーの下地を取り付けているところです。
もちろん、オーダーメイドです。



足場がないので、レッカーと高所作業車を使っての作業です。
以前のブログで外壁からボルトが出ていたと思いますが、この鉄骨を付ける為に使いました。





この鉄骨に何が貼られるか楽しみにしていてください。
今週中には何かが貼られる予定です。



足場がなくなりました 2

  • 2016.01.24 Sunday
  • 08:33
御無沙汰しておりました 浅見です。

本庄市で工事中のガレージ付の賃貸住宅の2 棟目(写真左側)の足場がなくなりました。



裏側からはこんな感じです


こちらが西側の建物


こちらが東側の建物


窓の位置が微妙に違うのがわかりますか?
そうです。
2棟は間取りも違うのです。

2月27、28日で完成現場見学会が予定されていますので、興味のある方は是非見学会にお越しください。

現場は、これから外構工事に移っていきますが、雪が降らないことを祈るばかりです。




calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

古郡ホーム リンク

▼古郡ホーム WEBSITE


▼注文住宅WEBSITE


▼リフォーム WEBSITE


▼不動産 WEBSITE


▼土地活用 WEBSITE


▼くまのこみち WEBSITE



▼社長ブログ


▼現場監督ブログ


▼新築営業ブログ


▼リフォームブログ


▼工務部長ブログ


▼売買情報ブログ


▼賃貸情報ブログ


▼くまのこみちブログ


 

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM